<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2006年 02月 20日
Advertise the Re-ariseについて②
先週はAdvertise the Re-ariseで製品をまず初めに設置する場所を調査しました。

新宿、原宿、表参道、青山、渋谷、高田馬場駅周辺をせっせと歩き、どこに置いたら一番いいのか考えました。

どこに置くのが一番いいのか、自分なりの結論は国連大学のあたりでした。

国連大学はゼロエミッションの発祥の地でもあるし、表参道と渋谷の中間地点にあるので非常に立地も良いです。

更には国連大学のビルをデザインが凄くかっこよく綺麗です。

そんな理由から、国連大学のあたりが良いと思いました。

しかし公共にモノを置く許可を取り付けるのは大変です。
渋谷区に電話で聞いた所、一蹴されてしまいました。

どうすれば渋谷区から許可が下りるか?
そんなことを現在考えています。
[PR]

by ecolan | 2006-02-20 14:35
2006年 02月 13日
Advertise the Re-ariseについて①
現在、Re-ariseでは「Advertise the Re-arise」というプロジェクトを進めております(Re-ariseについて知らない人はこちら⇒http://eco-land.jp/interior/index.html)。

このプロジェクトはRe-ariseプロダクトに企業からスポンサーを募り広告を入れ、それもただの広告ではなく、スポンサー企業の目指すべき社会、事業を通じての夢を書いていただき、そんな様々な企業の夢を街に溢れさせていこうというプロジェクトです。

まずは、エコプロダクツで発表したRe-ariseプロダクトのうち、最も人気のあった「pile chair and ottoman」をベンチバージョンにして、街の色々な場所に設置していこうと考えているのですが、話が少しづつ進みつつあります。

今回は、このRe-ariseというプロジェクトのフィクサー、博報堂S氏と「Advertise the Re-arise」の広告収入の分配比率に関しての打合せをしたので報告したいと思います。

これは、現在Re-ariseを通じ提携している東京造形大学と今後の契約をする際に、分配比率を決めておくことは当然必要なので行いました。

S氏は相変わらずタバコ片手に、ためになる様々なことを語ってくれました。
また、話が面白くなってきました。

分配比率はとりあえず社内ではまとめられそうです。

一安心です。
[PR]

by ecolan | 2006-02-13 18:24
2006年 02月 11日
インターン仲間と飲んでみれば・・
早いもので、インターンを始めてから半年が過ぎます。
今週の木曜日、僕がウインローダーでインターンを始めた時、先にインターンをやっていたSさんとウインローダーで学生のうちから働いていたKさんと一緒に、久しぶりに飲みにいきました。

皆、来年大学4、5年を向かえ、今が転機の時期であり、それぞれがそれぞれ次なる道を決めたと言うことで、今後について話そうと言う趣旨の飲みでした。

僕はウインローダーでのインターンは半年という契約だったのですが、また半年、成果報酬と言う形で延長して頂きました。

Sさんはアメリカの大学院に行くそうで、Kさんは就職するそうです。

僕含めこの3人プラス1人(彼は今、北海道にいる)で、昨年の夏の終わりに、泊りがけで、ウインローダーのインターンシステムを改善しようと提案書を練り発表したのですが、それから半年もたたないのになんだか遠く昔のような気がしました。

ホント、光陰矢のごとし、です。

時間は有限で、学生の自分にできることなんてごく僅かかもしれないですけど、残されたモラトリアムな時間を大切にしていきたいとつくづく感じました。

                                      大澤
[PR]

by ecolan | 2006-02-11 23:31
2006年 02月 05日
Re-arise学生ミーティング
昨日はRe-ariseに興味をもってくれている大学生に集まってもらい、現状の課題について意見を聞くミーティングを行いました。

今回が初の試みだったのですが、4名の方に集まって頂き、様々なスルドイ意見、今まで自分では考えもつかなかったアイデアを沢山頂けたので、非常にためになるミーティングでした。

今後、今回のミーティングでもらったアイデアを実行していきたいと思います。

現在「2ヶ月に1回くらいは、こういうミーティングをやっていこう」と企んでいるのですが、
そのためには、まず今回でもらったアイデアをしっかり行動に結び付けなくては!!
[PR]

by ecolan | 2006-02-05 09:21