2006年 05月 31日
vol.20 造形大学打ち合わせ
今日は造形大学の益田教授と学生代表のplumfieldさんと、今後の方向性についてお話してきました。
原価コストの設定をする⇒マスプロダクトのモデルをいくつか作って、採算が取れるような設定をする⇒そして家具工房さんに委託する
という形で行こうと思います。「世界で一点だけ」というのはやっぱり難しい。でもいつかはできるかもしれない。今はとにかく生産ラインを確保することが先決です。

このモデルを作るのは、言葉でいうのよりずっとずっと難しいことも今日、plumfieldさんとお話してよく分かりました。今回のap bank fes'出展作品も、こうした条件で制限した上で学生さんに作っていただくことになりそうです。8人が8作品作っても、モデルとしてなりたつものが1つでもうまれるのかどうか。。これには長い時間と労力と経験(試作)が必要になってきます。そこに関わってくれる学生さんをどう集めるのかも大きな課題ではありますが。

何より、売れるものにするためにも「どんなものをつくりたいか」をターゲットに合わせた上でマーケティングをしなくてはならず、「売りたいもの」像ができたところでそれを「作れるもの」像と合わせることが次の課題になってきます。次、、というかこれらは同時並行してやらなくてはなりません。

う~ん。難しくなってきてしまってすいませんね。私の頭の中も大いに混乱しているので。
今上司は不在です。直属の上司は配属されて2週間でいなくなり、highland部長も4週間目でいなくなり、「直通で社長」状態です。
こんななかで、外部の人からアドバイスを受けたりヒアリングばかりをしているのは情けないです。まずは問題の洗い出しと、解決方法の洗い出しを効率的にできるようにならなければ。
highland部長不在時の宿題が何一つできていません~~!

廃材を選定してる様子。でもここはリサイクルショップ行きのコーナー。
d0027560_20145348.jpg

左から、学生さん代表の方、参加二回目の学生さん、私です。
d0027560_20151431.jpg

今回ap bank fes'に出す作品はこの中から選んで作ります!乞うご期待★
d0027560_20153085.jpg

[PR]

by ecolan | 2006-05-31 20:15


<< vol.21 製作開始!      vol.19 家具の処分場 >>