2006年 05月 27日
vol.13 目黒のインテリアショップ巡り
昨日、今日と目黒のインテリア通り、中目黒の中古家具ショップを回ってきました。
アンティーク家具の価値というものはだんだん分かってきました。ただ古いだけじゃだめなんですね。「50年以上も生き残ってきた!」ていう希少性と、「そんなに生き残れるくらいクオリティーが高いのね」っていう本当の価値と、そこについでにデザイナーものとかだったりするといきなり値段がはねあがったり、なかなかつかめない世界だったけど、なんとなく分かってきました。

Re-ariseにはそれがない。のももちろんだけど、他でやられてることをする価値自体があまりない。もちろん売れるものは売ったほうがいいんだけど。

それよりも、中古家具ショップでは大きな収穫アリ!普っ通ーーな収納家具に、わざとぼやけたペイントをして古さを演出。それだけでけっこう売れるらしい。見た目にも実際おしゃれ。

エコランドでどの家具が一番多いかというと、収納家具が圧倒的に多いんです。「これをどうにか量産できるモデルを」と探していたところで、この方法には目からウロコ。適当に塗るだけで大変身!まさにRe-ariseのコンセプトです。どうしようかなこれ。


それと恵比寿にあるセレクトショップに行ってきました。実はここ、雑誌「PEN」に載っていて、一度は現物を見てみたかった「SECCO」という廃材リサイクル雑貨メーカーのものが置いてある店なんです。フィンランドでは成功してるみたいだけど、日本ではどうなんだろうと思っていたので、お話を聞きに行きました。
PCのキーボードのボタンを2、3個ヒモにつけてあるだけのストラップが¥1420!ケータイのプッシュボタンをつないだだけのブレスレットは¥8600!高い、、高すぎる。。
それでも売れ行きはいいようです。 ところが店員さんにRe-ariseの話をすると突然シビアな現実を語ってきました。

「もうLOHASブームは終わってますよ」 「リサイクルが売れる時代は終わりましたよ」 「日本人は飽きやすいんで、このSECCOもあまり売れなくなってきてます」

えーーーー!!そんなあ。これからだ!って意気込んでる私にそんなこと言わないで。。
(写真は、ケータイについてるボタンをつなげただけのアクセサリー:¥6,300と、PCキーボードのマグネット)
d0027560_18285885.jpg
d0027560_18291141.jpg

[PR]

by ecolan | 2006-05-27 20:07


<< vol.19 家具の処分場      vol.12 方向修正 >>