2006年 05月 13日
vol.4 九品仏のインテリアショップでいろいろ聞いちゃいました
なぜか写真が載せられない。。なぜ?

今日は家具工房に営業訪問!と元気に出て行ったはいいけど、
一軒目・・・休み。
二軒目・・・「現在使われておりません」 
それ意外は本社から東にしかなくて、でもなるべく荻窪以西→東村山まで、で探したいのに、家具工房の組合で検索にまったくヒットせず。
でも聞いた限り、東京には家具工房の組合って一つしかなくて、東京では全部で90件しか加盟してないらしい。ってことはそこで見つからなかったら、あとはタウンページで探すしかないのかな・・。 雨の中、寒い中、先輩のcowtailさんを途方にくれさせてしまった。私がきちんと平日のうちに下準備をしてなかったからだ。反省(-。-)

3時から九品仏にあるステキな家具ショップに行ってきました。ここはデザインの視点でRe-ariseと同じことを実際試みているお店。本当にステキな家具や雑貨ばかり。雰囲気も音楽も。
いろいろとこれからの参考にさせてもらおうと思ってお話を伺いました。
突然伺ったにも関わらず、嫌な顔せず親切に、たくさんの貴重なお話をして頂きました。

そこで分かったことを一つだけ。 お金持ちにノーブランドの中古リメイク品を売ることはとっても難しいということ。 販売してる人の立場からの意見としてはとてもリアル。
環境意識が高まってきてるとはいっても、やっぱり日本人(特に富裕層)はステータスとかブランドみたいなネームバリューに、自分の価値基準を任せてる保守的な傾向がまだまだ強いということ。
そうなると、やっぱりターゲットを変えて、価格を安く設定したほうがいいのかな、大きな工房に委託したほうがいいのかな、とは思ったけど、問題があるたびにそんなことをしてると、本来のコンセプトからどんどんずれていってしまうかもしれない。
「中小の家具工房を元気にしたい!」それが目的の一つなんだから、可能性を探す余地がある限りはこの方向で進めていこうと思います。
                      先輩のcow tailさん
d0027560_20362819.jpg

[PR]

by ecolan | 2006-05-13 23:14


<< vol.5 立教大学で      vol.3 ZEC(ゼロエミ... >>