2006年 03月 21日
神奈川総合高校エコシンポジウム
昨日は、以前にこのブログでも少しふれた、神奈川総合高校エコシンポジウムに講師として授業をしてきました。

他の講師が会社の社長とか、NPOの理事とか、ナントカ大教授とか、すごい人だけに最初はメチャクチャ緊張して、「自分なんかが高校生の役に立つ話が出来るのだろうか?」ととても不安だったのですが、終わってみればとてもいい感じで授業を終えることが出来たと思います。

生徒がかなり積極的に意見を言って取り組んでくれて、授業の後半はワークショップ形式で、実際に不用品を使ってどのようなモノが作れるか、考えてもらったのですが、そこでも予想以上に素晴らしい、きらきらしたアイデアが沢山生まれました!!

この結果ひとえに、一緒に授業で話をしてもらった東京造形大学の梅原さんのサポートのおかげだったりもします。
彼は話はとても面白かった!

僕はかんだり、うまくしゃべれなかったりで反省すべきことも多々あります。
もっと頑張らなくてはとも思いました。

でも、昨日の授業のようなことは、授業を受ける側にとっても授業を行う側にとっても非常に面白いことであると思ったのでドンドンやっていきたいです。

最後に、僕のエコプロダクツ2005でのプレゼンを聞いて、このシンポジウムに講師として招いてくれた神奈川総合高校エコ局のみんなには感謝感謝です。
このような貴重な場を提供してくれてどうもありがとお~!!

                                   大澤
[PR]

by ecolan | 2006-03-21 10:54


<< さくらスイッチでの展示始まる      Re-ariseインターン生の... >>