2006年 01月 19日
自動翻訳ソフトと英語の未来について
今日は英語の未来について考えてみたいと思います。

なぜ唐突にこのようなことを言い出すかというと、僕は今学校のレポートをやっていて、一つ英語でワード5ページ分、「笑い」について書くというメチャクチャきつい課題をやっているからです。

最初この課題を聞いたときは無理だと思いましたが、友達からこの課題をやりぬく秘密兵器を教えられました。

秘密兵器とは「自動翻訳ソフト」。
なんと日本語を入力すると自動的に英語に翻訳してくれるソフトがあるのです。
しかもタダで!
エキサイト万歳です!!

使い勝手もよく、1秒ぐらいでさくさく翻訳してくれます。

うーん、このままいけば英語を勉強しないでも英語圏の人とコミュニケーションできるようになるかも。

昨年度、英語が使えないおかげで散々な目にあっただけに(エコプロ打ち上げ会場では、キングストン大学の教授の隣の席で、いろいろ話しかけてもらったにも関わらず、うまい具合に返答することができなかったりしました。。)、今年は英語マスターするぞ!!と意気込んでいただけに複雑な心境です。
[PR]

by ecolan | 2006-01-19 00:46


<< 夢について      現大学生のマナビについての一考察 >>