2005年 10月 04日
掃除に関するコウサツ
どうも、最近このブログ見てくれている方が増えてきているみたいで感謝感謝です。

でも本当にブログって便利ですね!
昨日の話はすぐにトラックバックして頂いて。
1人対不特定のコミュニケーションがこんなにも簡単に取れてしまう!?
「交通の発達」もここまで来たかー、って感じです。

さて今日は掃除ということに付いて考えてみたいと思います。

僕がインターンしているウインローダーでは毎朝8時からオフィスの周りの荻窪の町を掃除することになっています。

正直、最初は超かったるかったのですけども、やっているうちにその気持ちが少し変わってきました。

変わってきたきっかけはフトした気づきでした。

毎朝毎朝同じ時間に掃除をしていると、小さな事だけれど気づく事がたくさんあるということをフト感じた時でした。

そんな小さな気づき。
一言で言うなれば人も自然も日々移り変わっているということです。

朝、学校や会社に出かけていく顔なじみの人。
1日1日色々なものかかえてそれぞれの場所に出かけていきます。

また同じ場所を掃除しているとお気に入りの樹とか場所とかが出てきます(俺だけかな?)。
そんな樹や場所が日々移り変わっていく様も面白いものです。

なんてまったく我ながらコソバユイことを書いてしまいましたが本当の事だからしょうがないんだな。

まあ最近の社会の動きとして、
不用品再生家具プロジェクト(Re-riseプロジェクト)にも賛同して頂いている、ハセベケンさんの『greenbird』(→)。
ハセベケン、高倉健とともに自分の中での三大ケンである野口建さんの『セブンサミッツ』。。

などなどの活動のおかげで、今までは掃除なんてダサい!と学校掃除の延長線で考えられがちだからか?マイナスに捉えられがちであった掃除をかっこよいものに捉える人が増えてきていると思います。

この調子で掃除がかっこいいといわれる文化が育っていけばいいなと思います。。。


今日の紹介ブログは『greenbird』のインターン生のグリスタ
http://ameblo.jp/greenbird-intern22
です。
同じインターンのみということもあり色々共感して読ませて頂いております(最近学校始まり大変みたいだけど頑張って!!)。

ではまた。。。。

☆PS宣伝☆

ただいま僕が関わっております不用品再生家具(→Re‐riseプロジェクト)では、賛同、協力していただける人、企業、団体様を募集しております!

これを読んで頂いている方でもしも興味がおありの方はintern@winroader.co.jpまでご連絡ください。
[PR]

by ecolan | 2005-10-04 10:56


<< 電話アポ取り私記      ホワイトバンドなど最近流行りの... >>