2005年 09月 29日
古材について
ブログご無沙汰してすいません。
風邪ひいとりました。

さて僕は不用品再生家具というものを市場に送り出そうと動いておりますが、これに近い面白い事を愛媛でやっていらっしゃる方がいますので紹介します。

アイモクという会社なんですが、この会社は古材というものを扱っています。
古材というのは何かというと、古い家屋を解体した時に出る廃材です。
昔ながらの建造物は良い材木で作られています。
今まではそういった貴重な材木も建築廃材として廃棄されていたのですが、それを古材という商品としてリユースしようというのがアイモクさんのやっていることです。

今不用品再生家具プロジェクトは『エコプロダクツ2005』に向け、不用品再生家具の試作品の素材を美大の学生さん選んでもらい試作品のプランを組んでもらっている段階なのですが、無垢材(合板ではない自然の木のままの材)がやはり人気があります。

古材というのは非常に面白いし可能性も秘めていると思います。
良かったらアイモクさんのホームページ(http://www.k-aimoku.co.jp/)のほうもチェックしてみてください。

ちなみに僕は宮岡さんというアイモクでインターンしている学生さんのブログからこの会社や古材のことを知りました。
そちら(http://blog.livedoor.jp/miyaoka2/)の方もお勧めです。

                                インターンO
[PR]

by ecolan | 2005-09-29 10:14


<< KES、『チームマイナス6』な...      社訓のありがたさ(?) >>